プロフィール

*

田邊峯光(たなべ みねみつ)

1954年生まれ 鳥取県米子市出身
複音ハーモニカを故佐藤秀廊氏に師事。
複音ハーモニカ奏者、コード・ハーモニカ奏者として全国的に演奏活動を展開している。また講師としてもカルチャーセンター等で指導にあたっている。
トリオここみか 、モダン演歌カルテット(MEQ)、 クラインガルテン、ハーモニカ・ライナーズ それぞれのバンドのコード・ハーモニカ奏者である。

経歴

1982年(昭和57年)
日本ハーモニカ芸術協会 準師範
1989年(平成元年)
日本ハーモニカ芸術協会 師範
2002年(平成14年)
「複音ハーモニカでつづる愛唱曲集」第1~3集 龍吟社より出版
2004年(平成16年)
日本ハーモニカ芸術協会 事務局長 就任
2006年(平成18年) 
「トリオここみか」で全日本ハーモニカコンテスト(FIH ジャパン)
小アンサンブル部門第1位
日本ハーモニカ賞 受賞
2008年(平成20年)
「ハーモニカ・ライナーズ」でクラウンレコードより『 ハーモニカで聴く「昭和」の歌 』 をリリース
2013年(平成25年)
自身初の複音ソロ・ライブを実施(3月20日)
演歌指南・ハーモニカ道場 九段
佐藤秀廊賞 受賞(4月20日)
2014年(平成26年)
生誕60周年記念ライブを実施(3月30日)
自身初のソロアルバム(CD)「ときめきのハーモニカ艶歌」及び「多摩八十八(たまやそはち)」アレンジ曲集を同時発売
2015年(平成27年)
日本ハーモニカ芸術協会 理事長 就任(4月18日)
故郷の米子で初の単独ライブを実施(8月22日)
2016年(平成28年)
全日本ハーモニカ連盟 副理事長 就任(4月24日)
2018年(平成30年)
日本ハーモニカ芸術協会 会長 就任 (4月)
「思い通りに奏でる複音ハーモニカ上達のコツ50」メイツ出版より発売(6月)
2019年(令和元年)
「もっと美しく奏でる複音ハーモニカ 10の奏法をマスターする本」メイツ出版より発売(6月)
2020年(令和2年)
全日本ハーモニカ連盟 理事長 就任 (4月)
「ときめきのハーモニカ艶歌」第二弾 CD及び曲集同時発売(9月)
日本ハーモニカ芸術協会 大師範(11月)

日本ハーモニカ芸術協会 会長 大師範
全日本ハーモニカ連盟 理事長